30歳からの転職に最適!最新情報ガイド

*

転職情報源って本当はいくつかある?

      2014/07/16

■求人情報を探す

 転職活動において、求人情報の収集は最も大切なことです。転職情報源はいくつかあるので、それぞれの特徴を確認してみましょう。

・ハローワーク

 公共機関が運営する職業斡旋所です。雇用主・求職者ともに無料でりようできるので、中小企業からの求人が多く集まります。中には求人票の内容と実際の仕事がまったく違っていたというような不満も見受けられます。

・転職フェア(合同企業説明会)

 ハローワークや人材紹介会社などが主催する転職フェアでは、複数の求人企業が集まり、人事担当者と直接話すことができ応募要項などももらえるため、是非参加したいイベントです。ただし開催時期が決まっており、タイミングが会わない場合も。万が一会場で現職企業の人事担当者とばったり出会すなんてことになることも。

・転職サイト

 ネット社会となり主流になってきた求人の情報源が転職サイトです。民営企業が運営していますが、求職者は無料で登録でき各種転職情報を得ることができます。気軽に利用でき、その上新鮮な情報が集まるため、転職希望者の定番情報源となっていますから、利用漏れのないようにしましょう。

・人材紹介会社

 会員登録後、担当エージェントとの面談があるため少し面倒ですが、その分、会員以外には紹介されない非公開求人の紹介を受けることができます。誰でも手に入れられる情報だけでは良い転職活動は不可能です。30代の即戦力を求める求人も多く扱っているので是非利用して下さい。


・求人情報誌(フリーペーパー)や求人チラシ

 昔ながらの紙による求人も利用価値はあります。特に、紙を配る範囲は限定されているので地元での求人探しには有効です。ただし、正社員求人以外のパートやアルバイト求人が多いというデメリットがあります。

・新聞の求人欄

 こちらも昔からある求人情報源ですが、最近は読者層も減っており求人数も同じく減少傾向です。ただし、地元新聞などはその新聞を読む読者層に向けた求人が多くなるので、他とは違う求人が載っている場合もあります。転職活動中は目を通しておくべきです。

・求人企業のホームページ&Facebook

 特にIT企業やクリエイティブ関連企業を目指す場合は要チェックです。既存の大手企業などは新卒採用情報だけを載せているところが多いのであまり参考になりません。しかし、企業理念などをチェックするには有効ですから、他で求人情報を見つけた場合は必ず閲覧しましょう。

・友人知人からの紹介

 転職活動中は、友人知人に転職を考えていることを伝えておくと良いでしょう。できれば希望する業界や条件などを伝えておくとミスマッチが少なくてすみます。縁故は一番採用される確率が高くなるので利用できるのなら利用してみましょう。

 - 短期間で決まる転職の進め方

  関連記事

no image
転職についての情報を探すその前に

 30歳からの転職というのは人生の大きな賭けとなります。できれば転職して後悔する …

af0100009169l[1]
転職のタイミングとは?

転職にかかる平均的な時間は?  転職活動をスタートさせた時に気になるのが、いつ頃 …