30歳からの転職に最適!最新情報ガイド

*

求人情報は新鮮なうちにゲットしよう

      2014/07/16

効率よく求人情報を収集
 
 早めに転職先を決めるためには、数多くの求人情報に触れる必要があります。あまり情報過多になりすぎるのもよくありませんが、短期間で採用をもらうためには多くの情報源を得て、数打ったほうが採用率が高くなるのは間違いありません。では求人情報を広く集めるためにやるべきことを4つお伝えします。

その1:転職サイトを利用する

 忙しくて転職活動に費やす時間が少ない人でも気軽に利用できるのが転職サイトです。転職希望者の多くが活用している情報源です。ネット上にある転職サイトから無料で会員登録し、掲載されている求人情報に目を通したり、匿名で自分の能力を参加企業にアピールできるスカウト機能などの各種サービスを利用することで、多元的な転職活動が可能になります。

 転職サイトを利用するのなら、1サイトのみに依存するのではなく、できれば3サイトくらいは登録しましょう。総合的な求人を扱う大手転職サイト1~3サイト、専門職の人であればその専門に特化した転職サイトに1サイト登録すると良いでしょう。

その2:転職エージェントを利用する

 転職エージェントへ登録すると、担当エージェントとの面談が必要になりますが、面倒がらずに利用しましょう。エージェントがどんどん求人を紹介してくれるので、自分のペースでのんびり進めるよりも活動のペースが加速します。書類選考や面接試験の結果もエージェントが直接確認してくれるため、結果が早く出て効率よく活動を進めることが可能です。

その3:ハローワークも利用する

 効率という面では、あまりお勧めできませんが、ハローワークが紹介する求人と転職サイトや転職エージェントが紹介する求人は重なることが少ないので、取りこぼしを作らないためにも時間があるのならハローワークも活用しましょう。中には小規模企業ながらも優良な企業からの求人も取り扱っているので侮れません。

その4:興味ある企業のホームページを参照する

 地道な作業になりますが、興味ある業界や企業があれば、その企業のホームページやFacebookに求人情報がないか確認しましょう。IT関連企業などは自社ホームページなどで募集しているところも多くあるのでお見逃しなく。

 - 情報収集

  関連記事

af0100024774l[1]
企業情報を丁寧に読む

 転職活動の中で企業情報を探すことも大切な一つです。ただし、社会経験のない新卒者 …

af0060001249l[1]
効率的に進めたいならやるべき行動は3つ

その1:自己分析と企業研究  転職活動前に行わなくてはいけないことに自己分析があ …