30歳からの転職に最適!最新情報ガイド

*

効率的に進めたいならやるべき行動は3つ

   

その1:自己分析と企業研究

 転職活動前に行わなくてはいけないことに自己分析があります。30歳の転職であれば、これまでの経験を活かした転職にするのがポイントですが、それでも自己分析は必要です。自分はどうして転職を考えているのか?今の自分が転職した場合、転職先に対してどのようなメリットを提供できるか?分析しましょう。

 分析結果はレジュメや面接対策にもなるほか、しっかり押させておくことで、ふらふらと効率の悪い転職活動の防止にもなります。

 それと同時に企業研究も行いましょう。同業他社への転職を希望するのであれば、ある程度はその会社の評判を耳にしていることでしょうが、財務諸表を確認してみたり、実際にその会社に勤めている人に内情を聞いてみたり、出来る限りの情報収集を行ってください。

その2:複数企業の求人を同時進行で進める

 早めに転職先を決めたいのなら手当たり次第、気になる求人にエントリーしましょう。ダブルブッキング、トリプルブッキングを気にする必要はありません。大方の転職活動者がやっています。

 面接時に「他社を受けているか?」と質問されたら正直に答えましょう。その上で「貴社が第一志望です」とはっきり伝えることをお忘れなく。複数の企業を受けているからといって心象を悪くすることはありません。

その3:スムーズに退職できるよう準備する

 その会社を辞めるにしても、できれば円満退社にしたいものですよね。民法上では退職の2週間前に退職の意思を伝えれば良いことになっていますが、引き継ぎはもちろん、上司や同僚の気持ちの問題もあるので、できればもう少し早く、退職の1ヶ月前には上司に伝えておきましょう。退職願を提出するのはその後です。必ず、直属の上司を通しましょう。

 自分一人で受け持っている仕事があるのなら、スムーズに引き継ぎが出来るように転職を考えた時点でマニュアルを作っておくほうが良いでしょう。取引先の名簿や作業の流れなど、後任者がみてすぐに仕事ができるように極力配慮しましょう。

 場合によっては退職を引き止められることもあります。引き止められた時は、そのまま今の会社に残ることのメリットデメリットを検討し、デメリットが大きい場合はどんなに引き止められても自分の道を進めるほうが得策です。企業が一生面倒を見てくれる時代は終わったのですから。

 - 情報収集

  関連記事

af0100024774l[1]
企業情報を丁寧に読む

 転職活動の中で企業情報を探すことも大切な一つです。ただし、社会経験のない新卒者 …

af0100000705l[1]
求人情報は新鮮なうちにゲットしよう

効率よく求人情報を収集    早めに転職先を決めるためには、数多くの求人情報に触 …