30歳からの転職に最適!最新情報ガイド

*

あなたはメンタルに不調をきたしやすいタイプ?

   

・仕事内容にこだわらないで転職先を探すタイプ

 “転職活動は誰にとっても負担のかかるものだ”・・・とはいっても、30代にもなると、心が折れやすいタイプとそうでないタイプが顕著に分かれます。

 その中でも、転職活動中に不調に陥りやすいタイプに、「見栄っ張り」というか仕事内容にこだわりを持たないで転職先を探すタイプが挙げられます。

 新卒ならまだしも、30代を過ぎてから、“大企業狙い”とか首都圏内でなければ嫌とかそういうこだわり条件で仕事探しをしていると、まず応募できる企業の数がものすごく少なくなってしまいます。あと「年収」の高低だけで応募企業を絞っているようなタイプも危ないでしょう。

 こだわりを持つのなら、まず「仕事内容」であるとか、自分の興味や関心にそった仕事ができる可能性がある会社にターゲットを定めるべきなのです。


・つねに群れていないと不安になるタイプ

 転職活動とは基本的に「孤独」な活動です。もともと一人で考えて、一人で決めて、一人で動くのが好きなタイプならよいのですが、そうでないタイプ、他人と同調している方が楽に感じられるタイプは、転職経験はかなりのストレスになるでしょう。

 つねに群れている人たちは「自己分析」が大の苦手です。仕事内容に関して「これ!」という自分なりのこだわりをいくつか抽出して、そのこだわりを基軸にして会社を探せば転職活動はあっさりうまくいく場合が多いのですが、つねに群れている人たちの場合、その個人的なこだわりが分かっていない場合が多いのです。

・コンプレックスが強いタイプ

 “見栄っ張り”とも関連するのですが、“自分がこうなったら他人はどう思うだろうか・・・?!”という他人の目を過度に気にするタイプは、転職活動で心が折れやすいです。

 そもそも30代に突入すれば、人生は複雑系になっているのが普通で、他人より年収が高いかどうかとか、誰が課長かヒラ社員か非正規かとか、他人と自分を単一基準で眺めて比較することには何の意味もないのですが、

 「転職活動を始めて半年経過したけど、未だにぱっとした企業から内定がもらえない・・・無職の自分を他人はどう思うだろうか・・・ウツウツ」と考え込んでしまいます。

 - 転職活動に必要なメンタルケア

  関連記事

no image
心が折れないためのメンタルケアは?

・なんでも話せる相談相手を持つ  人間は弱いもので、所属先を持たないで“一匹羊” …

no image
転職活動にメンタルは必要不可欠!

・想像以上にハードなのが転職活動 30代で転職を決意した理由は何でしょうか?まだ …