30歳からの転職に最適!最新情報ガイド

*

30歳からの転職は面接で勝負!

1.転職市場での30代の評価とは

 中途採用を考えている企業にとって、30代は最も魅力的な年代といっても過言はありません。社会人経験を積み、即戦力として企業に貢献できる専門スキルもあり、何より採用後には幹部候補生として、活躍する人材として育成できる余地もあります。

 求人数も豊富だからこそ、30歳からの転職は、自分のキャリアプランとマッチした企業を探すことが大切なのです。

2.30歳からの転職は面接が肝!

 転職活動をしていても、30代は比較的書類選考を通過しやすい年代です。だからこそ、面接でいかに好印象を残すのかが、大事なポイントになります。

★ここがポイント!
・応募職種と自分の志向や経歴との接点をアピールする
・面接時には、企業のウェブサイトに書かれていることを質問しない
・聞かれた質問には的確に、短めに答える
この基本を守れば、それだけで好印象を持たれるはずです。

3.募集職種との親和性が大切な理由

 30歳からの転職では、採用後即戦力として成果を出すことを求められます。そのため、企業が募集する人物像についてしっかり理解し、自分のこれまでのキャリアや志向性がその仕事にマッチしていることをアピールすることが、プラスに作用するのです。

 また、30代も後半になると、個人での成果だけでなく、成果が上がる組織づくりという観点で、マネジメントスキルを求められるケースが増えてきます。そうした将来のビジョンを語れることも、採否を分けるポイントになります。

4.質疑応答で注意すべきこと

 面接で企業の採用担当者は、そのひとのひととなりを見極めようとします。面接にあたって、応募企業のウェブサイトをきちんと確認し、企業理念やビジョン、会社の構成人数、主な業務などは下調べを行い、初歩的な質問をしないのが鉄則です。

 また、採用担当者にされた質問には簡潔に答え、話過ぎないことも、常に意識しておきたいところです。ただし、採用担当者との面接の会話の中で出たエピソードなどについて質問するのは、きちんと話を聞いていたことの証明になるので、積極的に行いましょう。

キャリアプランを描こう!

 30歳からの転職は、その後のキャリアの形成に大きな影響を与えます。しっかりキャリアの棚卸をして、自分の将来像を描いてから、求人探しを始めましょう。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
求人の約85%はリクナビNEXTにしか載っていない求人です。

公式サイトへ

公開日:
最終更新日:2014/10/07